• ネットでお金を借りる

    ネットが普通に使われるようになってからはPCやスマホなどからもお金が借りられるようになったため、お手軽に使うことができるようです。 また、キャッシングが可能になるのは18歳、または、20歳以上で仕事についていて常に一定の…

    ネットでお金を借りる

    ネットが普通に使われるようになってからはPCやスマホなどからもお金が借りられるようになったため、お手軽に使うことができるようです。
    また、キャッシングが可能になるのは18歳、または、20歳以上で仕事についていて常に一定の給料をもらっている人だけでしょう。
    キャッシングの金利は借りる会社によって違います。
    可能な限り金利が低いキャッシングの会社を見つけるというのが重要です。
    キャッシングの借り換え先を選ぶときは、まず低金利かどうかを見ることが大拙です。
    銀行系のキャッシングは低金利に設定されていますが、審査を通るのがが難しいうえに審査の結果がわかるのも遅いのが難点です。
    他に先に借り入れているローンが低い金利だった場合、審査もさらに厳しくなりますので、気をつけて借り換えるようにしましょう。
    以前キャッシングで借り入れを行っていた場合、過払い金請求ができるケースがあります。
    請求を行いたいならば司法書士や弁護士の先生方を利用させて頂き、内容証明を取ってもらい、手続きすると、請求が認められる可能性があります。
    まずは費用のかからない無料相談で事情を聞いてもらいましょう。
    あまりご存じないかもしれませんがキャッシングは主婦でも利用できる会社もあります。
    正社員でなくパートをしている場合でも、一定の給与収入があるのなら、キャッシングできる場合がほとんどです。
    もしあなたが専業主婦で自分の収入がないときでも、あなたのだんな様の収入が証明することができればそれで借りられることもあります。
    申し込みするときに同意書を準備しなければいけないことも多くあります。
    インターネットを使ってキャッシングの明細を確認すれば、家族に見つかることなく借り入れを行うことができるでしょう。
    キャッシングを行うことは非社会的なものではありませんが、家族に秘密にしたいという人も少なからずいます。
    キャッシング会社からキャッシングの明細が送られて隠し切れないということがないようにネット上の明細を選ぶのが良いです。
    借入金の返し方にはたくさんの方法が存在しますが、店頭における支払いの他に口座自動引き落としや銀行振り込みを使ったり、キャッシング会社やコンビニなどに設置されているATMでも振込むことができます。
    一般的とは言えない方法では現金書留でも支払いできますが、一番よく使われる方法はATMを通して支払う方法です。
    少額のキャッシングで一括返済できるものなら、金融業者の中には、無利息期間を設けているところもあるので、そうした業者を利用するのがより良いでしょう。
    全額を無利息期間中に返済すれば無利息で済みますから利便性が高いといえます。
    一括返済ができない時でも無利息期間の制度のある金融業者の方がお金を借りるにもお得になることが多いので、その旨考慮して、比較してください。
    借入とは金融機関から少額のお金を融通してもらう事です。
    借金をしようとすると保証人や担保が必要となります。
    けれども、キャッシングの場合は保証人になってくれる人や担保になる物を用意することはないのです。 Continue reading

  • ブラックでも闇金だけは使わない

    多重債務になって返済が滞ったりすると、ブラックリストに入ってしまいます。正確にはブラックリストというリストがあるわけではなく、特定機関に事故情報として登録され、それを金融業者が参照することによって借り入れを断られてしまう…

    ブラックでも闇金だけは使わない

    多重債務になって返済が滞ったりすると、ブラックリストに入ってしまいます。正確にはブラックリストというリストがあるわけではなく、特定機関に事故情報として登録され、それを金融業者が参照することによって借り入れを断られてしまうことでブラックのような扱いになるということです。

    ただ、ブラックになっても一生そのままというわけではなく、いずれは登録が消滅し、また借り入れができるようになります。一般的には5年と言われていますが、一応それ以上待った方がいいでしょう。借り入れを拒否されるとまた事故情報が登録されるので、また5年間ブラック入りしてしまうからです。
    http://unikstreak.com/
    また、困ったことにブラックに入ったかどうかは通知されるわけではないので、自分がそうなったかどうかはそのままではわかりません。問い合わせれば教えてくれるようですが、そこまでする人はほとんどおらず、なんども申し込んでそのたびにブラック期間が伸びてしまうことになるようです。

    また、ブラックになった時は闇金などを使うのは避けましょう。闇金ウシジマくんなどでもわかるとおり、生活がズタズタにされてしまいます。

  • アイフルの増額審査

    アイフルに新規で申し込みをして数ヶ月も真面目に返済していれば、増額することも可能になってきます。増額は、アイフル側から「増額しませんか?」と連絡がかかってくる場合もありますし、会員WEBサイトから自分で増額の申し込みをす…

    アイフルの増額審査

    アイフルに新規で申し込みをして数ヶ月も真面目に返済していれば、増額することも可能になってきます。増額は、アイフル側から「増額しませんか?」と連絡がかかってくる場合もありますし、会員WEBサイトから自分で増額の申し込みをすることも可能です。アイフルから増額を勧められた場合でも、増額の審査はあります。口コミ情報によると、アイフルからアプローチしてきたにも関わらず、増額を断られるという場合もあります。増額審査で落ちる場合には、「他社借り入れが3社以上」、「他社借り入れ・携帯電話の滞納」、「借り入れ実績が少ない」、「借り入れしてから返済して半年弱など期間が短い」などがあります。しかし、一概には言えず3ヶ月くらいしか返済していないのに増額できたりする場合もあります。増額できるかどうかや増額の金額は、最終的には担当者の見解によって異なります。まずは、アイフルの増額審査に申し込みしてみないとなんとも言えません。基本的に、スムーズに返済している場合は再度の在籍確認の電話は来ないことが多いようです。しばらく借りたり返済していないカードの場合、再度、在籍確認などが入る可能性はあります。

  • アイフルの口コミ

    アイフルの口コミが気になったのでまとめてみました。他の消費者金融は、プロミスと住友三井銀行グループのモビット、アコムは三菱東京UFJ銀行、レイクは新生銀行の銀行ローンになっています。しかし、アイフルは消費者金融という路線…

    アイフルの口コミ

    アイフルの口コミが気になったのでまとめてみました。他の消費者金融は、プロミスと住友三井銀行グループのモビット、アコムは三菱東京UFJ銀行、レイクは新生銀行の銀行ローンになっています。しかし、アイフルは消費者金融という路線をずっと展開している非銀行系列の消費者金融です。どこでもそうですが、良い口コミもあればそうでもないというような口コミもありました。良い口コミでは、過去に3ヶ月以上の返済遅延の履歴があったけれども、それを丁寧に説明してくれた上で貸してくれたというような口コミもありました。貸してもらえないと思っていたのに貸してもらえたという口コミも結構ありました。逆に、仕事中に電話をかけてきて増額の審査を受けるように言われて給与明細を出したのに審査に通らなかったという方もいました。自分から求めたわけではなく、言われたから審査を受けたのに落とされるというのは腑に落ちませんよね。アイフルは、人によっては他で貸してもらえなかったのに借りられたという方がいました。逆に他では審査OKだったけれど、アイフルでは断られたという方もいるので、審査が甘いとも辛いとも言いにくいです。老舗で実績のある消費者金融ですから、気になる方は審査に申し込みしてみるのが良いでしょう。

  • キャッシングと勤続年数の関係

    キャッシングをする上で意外に重要なのが、勤続年数です。勤続年数とは、今働いている企業にどのくらいの期間働いていたかの日数のことを言います。勤続年数は、長ければ長い程キャッシング審査で有利に働きます。長期間同じところで働い…

    キャッシングと勤続年数の関係

    キャッシングをする上で意外に重要なのが、勤続年数です。勤続年数とは、今働いている企業にどのくらいの期間働いていたかの日数のことを言います。勤続年数は、長ければ長い程キャッシング審査で有利に働きます。長期間同じところで働いている人の方が、安定した収入を持っているという事は当然でしょう。キャッシング会社の審査内容は知ることができませんし、キャッシング会社によっても規準が違います。しかしいくら大手企業でも、勤続年数が1年未満だと審査に落ちる可能性も高いでしょう。逆に、年収が低くても勤続年数2年以上であれば比較的安心して審査を受けることができるのではないでしょうか。もし、転職前後にキャッシング利用を考えているのであれば転職前にキャッシングの審査をお願いすることをおすすめします。転職後だと勤続年数が短いので審査に不利です。アルバイトや派遣の場合も、勤続年数が長ければ多少は有利となるでしょう。しかし、キャッシング審査は他にも雇用形態や住居形態、他社からの借入総額等も関係しています。勤続年数は大いに関係していますが、勤続年数が長いからといって確実に審査に受かる訳ではありません。