自己破産で没収された財産はどうなる?

自己破産すると、基本的には財産は没収です。没収というか、一旦全ての財産が換価されて、債権者に分配されるというように言ったほうが正しい表現です。ただ、じゃあすぐに言えを出て行かないといけないのかというと、そういうことでもなくて、基本的には弁護士などの破産管財人という人が、家を任意売却したり、あるいは競売にかけたりするので、家が売れてしまうまでは住むことができます。自己破産のデメリットは大きいですよね。

…といっても、あくまで一時的なものですが。まあ、債務の苦しみを感じ続けるよりは、財産をすべて没収されたほうが、気持ち的にはかなり楽だと思いますよ。ちなみに、実はこのマイホームなどが売れるまでは、普通に半年くらいかかることもあります。そうなると、自己破産しても半年は家で暮らせるわけですね。ちなみに賃貸の場合にはどうなるのかというと、基本的には変わりません。自己破産したら大家さんから解約されても仕方ないみたいな法律があるみたいなんですが、基本的には大家さんには自己破産したことが分からないと思います。