「小銭から支払う癖の悲劇?」を防ぐために

スーパーのレジは、おつりまで計算してくれるタイプが多くなり、担当スタッフも随分楽になったと思います。
また、買い物をする側も、1円単位の端数から出して財布の中身が整理できるため、大変重宝しています。

もちろん、レジが混んでいるときに、台の上に小銭を1枚ずつ並べて確認するのは迷惑ですので、その場の空気を読むことも大切です。

あらかじめ小銭の内訳を把握してから買い物に行くと便利ですね。
そのためには、小銭入れに中仕切りが付いている財布を選ぶと、金種別にだいたいの把握ができて助かります。

私は、いつも1円の端数から出す癖がついているため、財布はスッキリするのですが、「1円もない日」を経験することがしばしばです。
そのため、小銭の用意が必要なときは、買い物の支払に小銭を使わずに、意識して残すようにしています。

また、具体的な金額が決まっているときは、その分を小袋に入れて、別に保管しておくと安心できます。

このようにいろいろ工夫している私ですが、やはり、1円の端数から出す癖はなかなか直りそうにありません。

総量規制対象外のキャッシングは、どこ?