キャッシングと勤続年数の関係

キャッシングをする上で意外に重要なのが、勤続年数です。勤続年数とは、今働いている企業にどのくらいの期間働いていたかの日数のことを言います。勤続年数は、長ければ長い程キャッシング審査で有利に働きます。長期間同じところで働いている人の方が、安定した収入を持っているという事は当然でしょう。キャッシング会社の審査内容は知ることができませんし、キャッシング会社によっても規準が違います。しかしいくら大手企業でも、勤続年数が1年未満だと審査に落ちる可能性も高いでしょう。逆に、年収が低くても勤続年数2年以上であれば比較的安心して審査を受けることができるのではないでしょうか。もし、転職前後にキャッシング利用を考えているのであれば転職前にキャッシングの審査をお願いすることをおすすめします。転職後だと勤続年数が短いので審査に不利です。アルバイトや派遣の場合も、勤続年数が長ければ多少は有利となるでしょう。しかし、キャッシング審査は他にも雇用形態や住居形態、他社からの借入総額等も関係しています。勤続年数は大いに関係していますが、勤続年数が長いからといって確実に審査に受かる訳ではありません。