返済が不可能だと認めてもらうこと

自己破産というのは、「財産が足りていなくて支払い時期になっても債務の返済が不可能な状態に陥っている」ということを裁判所に認めてもらうことです。支払い不能状態だということを裁判所に認めてもらうことで、債務の返済義務を免れることができます。そうすると、これまでたくさんあった債務も一切返済する必要がなくなるのです。それを法律が認めるということですね。自己破産 デメリットもあり、債務者は当然ですが、持っている資産などはほぼすべて没収されてしまいます。

例えば住宅、車、土地などですね。そのかわりに債務のない状態から新しくスタートすることができるんですね。また、自己破産をすると、基本的にはクレジットカードなどがある一定期間は使えなくなります。しかし、連帯保証人などがいた場合にはちょっと厄介な状態になってしまうのですが、自己破産した当人は債務を返済する義務はありませんが、債務自体が消えてしまっているわけではないので、連帯保証人がすべての債務をおうことになってしまいます。